IIDA

賃貸住宅暮らし。持たない暮らしを目指しつつモノトーンな部屋へ。

お洒落に飾れるコードレスクリーナー

掃除機について

我が家に元からあった掃除機はコードがついている掃除機。転居の時に購入したので、まだ4年程しか使用していませんが、使用頻度が高い家電です。
頻繁に掃除機をかけるのですが、コード付き掃除機は出すのもしまうのも面倒。かと言って出しっぱなしにしていたところ、躓いてしまい電源プラグが少し曲がってしまうという事態に。
そこで、常に出しておけて簡単に使えるコードレスクリーナーを購入しました。

コードレスクリーナーを比較

購入を考えていたのは、ダイソンV8と±0コードレスクリーナーY010です。

ダイソンV8

◯吸引力が凄い
◯布団用のノズルも付いてくる
◯音も静か
△値段が高い
△見た目が派手で好きではない
△ちょっと重い
△バッテリーの交換が面倒
△壁に穴が開けられないので、壁に立てかけられない

±0コードレスクリーナーY010

△吸引力はダイソンのほうが圧倒的
△布団用のノズルの付属なし
◯音も静か
◯値段が安い
◯見た目が好き
◯軽い
◯バッテリーの交換が楽
◯付属のスタンドで立てかけられる

専用の布団用ノズルがあるダイソンを考えていましたが、やはり値段が。そして部屋に置くには派手で。 もちろんダイソンのほうが掃除機としての性能は良いのでしょうが、条件を書き出してみると、±0でも十分だろうという結論になりました。
どちらも店舗で実際に手に持ってみると、±0が軽すぎてビックリしました。そして、やはり見た目が好きなので、±0を購入しました。

±0コードレスクリーナーY010

綺麗に箱詰めされていました。
f:id:iida3710:20161030224446j:plain

実際に置いている場所です。リビングに置いても、さっぱりしています。 色は白を買いましたが、実際はグレーに近い色です。
f:id:iida3710:20161030223720j:plain

付属のスタンドに立て掛けられるのはとても便利。
f:id:iida3710:20161030223953j:plain

ゴミを取る時はこんな風に分解します。
ゴミは白いフィルターに溜まります。このフィルターは水洗いOK。
f:id:iida3710:20161030223751j:plain
f:id:iida3710:20161030224204j:plain

バッテリー部分。丸いボタンを押すと簡単に外れます。 f:id:iida3710:20161030224026j:plain

本体の掃除機につけたままでも充電できますが、私は外して充電しています。
f:id:iida3710:20161030224633j:plain

購入してみて

部屋にだいぶ馴染んで、使い慣れてきました。メリット・デメリットもありますので、その感想を。

さっと掃除ができる

リビングの中央に置いてあるので、すぐに使えるのがとにかく便利です。そしてやはりデザインが好き。個人的にはすでにインテリアの一部だと思っています。フローリングの掃除には問題ない吸引力で、音も静かなので助かります。

スイッチの切り替えがほんの少し面倒

購入する前から分かっていたことですが、スイッチが1つしかないので、標準→強→ハイパワー→運転停止に切り替わります。ついつい勢い余って押しすぎてしまい停止するのが少し手間です。

ゴミ捨てが少し面倒

毎日少しでも使用すると、やはりゴミの溜まりが早いです。フィルターを外して中に溜まったゴミを捨てるわけですが、逆さにすれば全てのゴミが落ちてくるようなものでもなく、埃など細かいゴミが、中にある青い部品部分に挟まってしまうので、手で取りださないと駄目でした。
ただ、これは毎日ゴミを捨てれば解決することかもしれません。私は3日に一回のペースでゴミ出ししています。

コードが付いている掃除機も必要

たまにコード付き掃除機を使うと、吸引力にちょっと驚き。なのでコード付き掃除機は普段はサービスルームに置いて、休日の時間がある時にだけ使っています。
また、直接触りたくないようなゴミを吸う時にも、ゴミパックがあるコード付き掃除機を使います。

出来れば、コード付き掃除機は処分したかったのですが、コードレスとうまく使い分けていきたいと思います。