IIDA

賃貸住宅暮らし。持たない暮らしを目指しつつモノトーンな部屋へ。

無印のピンチ・物干用を比較

無印のピンチ・物干用が2種類あったので、比べてみました。

ピンチ・物干用

f:id:iida3710:20160429234213j:plain

左:ポリプロペレン ピンチ・物干用 4個入 105円
右:ポリカーボネート ピンチ・物干用 4個入 250円

左は店舗で購入。右は店舗に置いてなかったのでネットで購入しました。
値段や商品説明からして250円のほうが良い物なんだろうと思うのですが、ポリプロペレンとポリカーボネートの何が違うのか分かりませんでした。 なので調べてみましたが、難しいことは分からないので、それぞれの特徴は検索してみてください。
ここでは、見た目と使用感から比較してみたいと思います。

見た目を比べてみると

f:id:iida3710:20160429235558j:plain
f:id:iida3710:20160430004050j:plain
左(150円):色は白に近い。挟む部分がしっかりと閉じず浮いている。
右(250円):色は透明に近い。挟む部分がしっかりと閉じる。150円のよりもバネが固い。

かみ合わせ部分の溝はこうなっています。
f:id:iida3710:20160430005106j:plain
左(150円):線が互い違いでくっつくようになっている。(しかし浮いているので意味なし)
右(250円):点が互い違いでくっつくようになっている。

150円のはたまたま4つとも、挟む部分が浮いていただけかもしれませんが、どちらにしろ250円のほうがしっかりと挟んでくれます。

実際に使ってみて

f:id:iida3710:20160430011053j:plain
f:id:iida3710:20160430011109j:plain
f:id:iida3710:20160430011129j:plain

どうでしょうか。
主にはハンガーを留めるために使っているからかもしれませんが、個人的な使用感では、150円でも250円でもあまり変わらないです。もちろん250円のほうが「しっかりと留めている」のですが。
一カ月程経ちますが、一応どちらも壊れることなく使えています。
少しでもしっかりとしたものが必要であれば250円にしますが、近くの店舗に置いていないので、もし買うことがあれば150円にすると思います。 どちらとも見た目は気に入っていますし、使用感もさして変わらないとなれば、やはりお値段が安いほうを選んでしまいます。